L`atelier du cuir

   カメラストラップができるまで




  



革産業の起源は馬具から発展したと言われます。
馬は自動車が普及するまでは絶対的な交通手段であり、
重要な武器の一部でもあったようです。馬具の発展はヨーロッパが中心でした。

現在は世界の工場と言われる中国が中心になりつつありますが、
革製品に使う牛は数が少なく、革産業の見地からは歴史的にも浅い国で、
革材料を含め鞣しや染色に難点があるようです。

日本では特に明治以降馬具が必要とされ、革産業が発展しました。
ここにご紹介しますベルト産業も戦後急速に発展しました。
しかし、ファッションの多様化や中国製の安価な商品に押され、
今では衰退の一途を辿っています。

また製造機械も既に国内では廃業が相次ぎ、これも安価な中国製に変わりつつあります。
中国製の設備は精度や耐久性は劣るものの、価格は半額以下で手に入るため、
その流れは止められないのが現状です。
国産の優秀な設備と熟練工による革ベルトは今だけの贅沢と言えるでしょう。

当工房の革ストラップは国内では数少ないベルトの職人によるものです。
親方から引き継いで2代目になり、100年以上の歴史があります。
過去には時計ベルトも作った経験もあり、
カメラのストラップにもその経験が生かされています。
ストラップには以下にご紹介した箔押し機による「カメラワーク」の刻印が打たれています。




      細切裁断機
      面取り機
      ローラー



1枚の革をベルト用に裁断します。受注を
受ける単位は少なくても50本単位ですか
ら、一度に沢山の本数を正確に切る必要
があります。
ここでは猫の首輪用のベルトを切断して
います。本革で表は派手な色から渋い色
まで選べます。
私達の猫にも付けてみましたが、とても
シックで上品になりました。
 糊付け機とも言われます。
 裁断したベルトの端の面取りを行い,
 バリを取ります。
 面取り処理だけで、そのベルトの技術
レ ベルがわかります。
 美しい面取りのベルトは使う度に外出
す るのが嬉しくなります。
 ベルトの型出しをして、形を整える役
目 をします。
 革ベルトの端に細いラインを付けた
り、 中心部を膨らませたり、様々な立
体的な 形を作ります。
 この機械は親子二代で作られて来まし
た が、最近廃業してしまったそうで
す。

     小端漉き機
     厚物用ミシン
      穴あけ機



革は天然の革を鞣すことで、長期に使う
ことが出来る革材料になります。革には
もう一つ大事な工程があって、それが革
漉きです。
革を漉くことによって様々な厚さに変え
ることが出来ます。
厚さが均一になるよう小端を漉いて整え
ます。
 革の厚さによってもう一台のミシンと
使 い分けます。
 最近ではコンピュータミシンの方が便
利 で効率は良いのですが、昔ながらの
音に 機械式のカメラや時計に似た絶対
的な安 心感が感じられます。
 ベルトの穴あけを等間隔で行う機械で
  す。
 最近売られているベルトはバックルで
長 さが調整できるようになったものが
ほと んどで、5つ穴がほとんどです。
      小口盤
       かすがい機
      腕ミシン



革小物を様々な形状の型で木槌で叩いて
切り抜きます。かなりの力で叩きますの
で、台が重く固いものでないと使えませ
ん。
写真の小口盤は欅の大木でできていま
す。
黒光りした木の道具は年を重ねた美しさ
と型抜きに耐える力強さが伝わってきま
す。
 ベルトの先端の革を押さえるリングを
繋 ぐ為の機械で、わかりやすく言えば
大き なホッチキスのようなものです。
 最近では接着剤が強力になったので、
接 着とステッチで処理するものが多く
なり ました。
 立体的な縫い方をする場合に腕ミシン
を 使います。
 ベルトではバックルを固定するために
使 うことが多いミシンです。
 バックルを直接腕ミシンで縫い付けて
あ るベルトはあまり見かけられなくな
りま した。
 実際使って比べてみますと、付け心地
が 全く違うことに気が付きました。サ
イズ 調整が出来るバックルは金属の部
分が多 く、重く、冷たい感触です。
      箔押し機













ベルトに文字を刻印する機械です。
銅で型を作り好みの色付けして熱でプレ
スすることで、字やマークを入れること
が出来ます。








  フォトアトリエ臥遊/モノクロフィルム写真工房 ・ カメラワーク/クラシックカメラ工房