フォトアトリエ 臥遊

「臥遊」とは









          「臥遊」とは紀元3世紀に宗炳が確立した山水画の基礎となる言葉です。
          紀元前の中国では、山は神が宿る神聖な場所とされていました。
          都市の喧噪を逃れ、一日中、山で過ごすことは神に近づく行為でした。
          「臥して以って之に遊ばん」とは年老いた宗炳がかつて登った山を描いて
          床に臥しながらその絵を眺め、山で過ごした時と同じ境地になることでした。
          自然を銀の濃淡(グラデーション)で写真を製作する私達の活動は
          「臥遊」と通じることから工房の名前としました。

          良く聞く話に「この写真は白黒で逃げている。カラーならもっと深みが出るはずだ」
          色に捕らわれた人の目は銀や墨の深みを理解できません。
          フィルム写真の銀のグラデーション(諧調)は白から黒まで
          カラーのスケールをはるかに超える繊細さが魅力です。
          カラーフィルム、そしてデジタルと、写真が益々現実の複写として扱われるようなって、
          このグラデーション(諧調)の魅力が再認識されることはいまだにありません。
          しかしいつまでも色褪せないどころか、見る度に新鮮さを感じるその魅力は
          いったいどう説明すれば良いのでしょうか。
          ある時、写真を展示会で見ていいるうちに、その場所にずっといたい気持ちになりました。
          それは山に登って景色の良い場所で、そこにずっといたい気持ちに似ていました。
          一つ一つの写真にそれぞれの物語があり、世界があります。
          それは遥か昔、自分が生まれる前の記憶かも知れません。
          モノクロの世界には時間がありません。そのことが例え古い写真であっても、
          見る度に過去を今として感じることができます。
          写真を観ている内にその場所にいる自分を夢想し、次第にその場所で無になって
          溶け込んでいくような気持になります。
          山水画や写真を観ることは瞑想に似ています。これこそが「臥遊」の理念です。