First CameraWorks

カメラ修理工房












クラシックカメラ修理

クラシックカメラは貴重品であったため、いつまでも使えるよう設計されました。
機械式の時計がいつまでも愛されるように、
クラシックカメラは整備すればいつまでも使える貴重な文化遺産です。
当工房では戦前から二眼レフやスプリングカメラの製造、
その後のメーカー修理部門として培ってきた技術を生かして、
創成期のクラシックカメラから、全盛期のフィルムカメラに至る
新旧のフィルムカメラの修理を承ります。





カメラ修理参考価格表

修理項目
参考価格
修理内容など
各部点検(分解組立費用含む)
8,000〜10,000円
カメラの基本部分の点検一式
各部調整及びグリスアップ
3,000円〜
シャッター、距離計などの狂いを正常値に更正
シャッター、絞り羽分解整備
6,000円〜
羽油除去及び整備組立
シャッター幕、蛇腹光漏れ
3,000円〜

巻き上げ機構分解整備
4,000円〜
カウンター整備も含む
フィルムコマ間異常
3,000円〜

モルト交換
2,000円〜
光漏れ修理を含む
蛇腹、シャッター幕光漏れ
3,000円〜
ピンホール修理、蛇腹、シャッター幕交換
ファインダー分解清掃
4,000円〜

レンズ分解清掃
5,000円〜
カビ、クモリ除去
ヘリコイド分解グリスアップ
3,000円〜
別途レンズ分解が必要です
基本箇所オーバーホール
10,000〜20,000円
距離計、シャッター、絞り、ファインダー、レンズ
全体オーバーホール一式
30,000円〜
1年保証、試写確認


■修理見積
上記参考価格は実績に基づくもので、目安とお考え下さい。
修理費用はカメラの構造、不具合状況等により異なります。
そのため、概算見積はカメラをお預かり後になります。


■ご依頼方法
修理についてのお問い合わせ、お申し込みはお問い合わせページからご連絡いただければ、
ご案内致します。
営業時間内であれば、お電話でも受け付けております。
修理品は慎重に梱包の上、工房宛お送りください。
また、受付時間内(金、、土、日、月曜日 午前10時〜午後6時)であれば、
予約の上お持込も可能です。撮影や現像中の場合、ご対応できない場合がございますので、
必ず前日までに予約をお取り下さい。
修理品受付後、預り証の発行及び見積と納期をご連絡差し上げます。


■基本箇所オーバーホール
ご家族、ご親戚から譲り受けた古いカメラや中古カメラを購入された方に向けた
工房オリジナルのメニューです。
古いカメラはきれいな外観であっても使われずに仕舞ってあったカメラはどこか狂っていたり、
グリスが固着して破損寸前であったりするものです。
カメラの基本機能をしっかり網羅して、安心の価格でご依頼いただけるお勧めの項目です。
修理内容により、別途費用がかかる場合がございます。




修理要綱はご注文についてをご覧ください。(ご依頼の前に必ずお読みください)




■修理実績(抜粋)

*35o レンジファインダー、一眼レフ:
バルナック及びM型ライカ、ウェルタウェルチ、ローライ、フォカ、
コンタックス、コンタフレックス、ペンタコン、フォクトレンダー、レチナ、
エクサクタヴァレックス、ヴェラ、ロボット、ボルシー、ニコン、ペンタックス、キャノン、
オリンパス他国産多数(特にミノルタ、コニカ、ペトリは修理、一部製造請負)

*4×4:
コマフレックス、ローライ、プリモフレックスJr、ソヤーズMk4、ミノルタミニ

*ブローニー6×6二眼レフ:
ローライ、フォクトレンダー、イコフレックス、セムフレックス、
ミノルタ、コーワ、リコー、オリンパス、マミヤ他国産多数

*ブローニー6×6、6×7一眼レフ:
レフレックスコレレ、プラクチシックス、ペンタコンシックス、エクサクタ、
パテントエツイ、ハッセルブラッド1000、500シリーズ、ローライ、
サリュート、キエフ、ブロニカ、コーワ、ペンタックス等

*スプリング(蛇腹)ブローニー6×7:
プラウベルマキナ、マミヤRB67

*スプリング(蛇腹)ブローニー6×9:
フォクトレンダー、イコンタ、エンサイン、リトレック

*スプリング(蛇腹)6×6、6×4,5:
フォクトレンダー、イコンタ、プラウベルロールOP
バルダバルダックス、セミパール、パール、オートセミファースト、ニューオリンピック、
ツバサスーパーセミ、セミレオタックス、レチナ、マミヤ、フジカ

*その他:
ローランド、小西六リリー、ミノックスリガ、エンサインフルビュー



カメラと革ケース修理例

ここでは革ケースと共に修理依頼いただいたものを抜粋して掲載させていただいております。


ライカVf ローランド オリンパス35Ivb
1950年発売のバルナック型ライカの完成形と
言われるモデル。コンピュータによる設計で
は決して作れないシンプルで人が使いこなす
に相応しい美しさです。
1931年に発売された世界初のファインダー
と一体化した連動距離計を装備した6×4,5
のブローニー判カメラです。レンズはテッ
サーなどの発明で有名なパウル・ルドルフ
博士によるプラスマートです。

1948年発売の35oカメラ。名機クロームシッ
クスと共通性のあるデザインは均整がとれた
美しいデザインです。
速写性をコンセプトにしたカメラであったよ
うで、「巾着切カメラ」と呼ばれたとか。当
時の世相が偲ばれます。

ハッセルブラッド プラウベルマキナ67 ローライスタンダード
ハッセルブラッド1600F,1000Fは最初にして既
に完成されたデザインのカメラでした。
高速フォーカルプレーンのシャッターとフィ
ルムカートリッジとレンズ交換ができるシス
テムカメラとして機能的にも完成されていま
した。
プラウベルマキナはドイツで1912年から
1953年にかけて作られた先進的なレンズ交
換ができるプレスカメラでした。これを復
活させようと1978年プラウベル社に設計を
委託したカメラで日本とドイツの英知を結
集して作られたカメラでした。最後の中判
用ニッコールの卓越した描写が素晴らしい
カメラです。
カメラの王者として長い歴史を誇る
ローライフレックスの最初のモデルです。
最もシンプルで軽量で今でも使用に耐える十
分な耐久性があります。
今のカメラではあじわえないクラシカルな写
りも魅力です。

ローライフレックス 3,5F ミノルタオートコード フォカ スポーツ
スタンダードがローライを二眼レフの代名詞
として打ち立てた機種とするなら、この3,5F
はローライの完成形と言えるでしょう。
この間ローライは絶えずブローニーカメラの
トップブランドとして君臨し続けました。
その秘密は優秀なレンズと絶えざる技術革新
であったと言えます。
ローライ二眼レフを真似たカメラは世界的
に数多く作られました。
レンズのロッコールは戦後間もなくミノル
タフレックスから使用され、実に20年近く
基本設計を変えず作り続けられました。
ローライがプラナーを搭載した後も、ミノ
ルタはロッコールの設計を変えませんでし
たが、その写りはプラナーをも凌ぐとも言
われました。
フォカはライカに対抗して、フランスで作ら
れた個性的なカメラでした。
細部に至るまでフランスのエスプリを感じさ
せるユニークなデザインに魅了されます。写
真の2Cは特に直線的なデザインの中にシャッ
ターボタンや巻き上げレバーが隠されていま
す。
フランス全体が独自の思想をその形にまで反
映して、輝いていた時代であったのではない
でしょうか。



  フォトアトリエ臥遊/モノクロフィルム写真工房 ・ カメラワーク/クラシックカメラ工房

電話042-381-6049/ お問い合わせフォーム