フォトアトリエ 臥遊


写真工房/L`atelier de photo noir et blanc






100年前のプリント(6×9サイズ)が夢を語ります。
時を経ても尚輝くフィルム写真をお楽しみください。






「フィルム写真」とは


デジタル写真の良さを比較する対象にフィルム写真が良く引き合いに出されますが、
シャッターを押し、光をフィルムの代わりに光素子が受けるまでが似ているだけで、
それ以降は全く違うプロセスです。

一般的に撮影作業はカメラの露出条件や構図など写真を撮る上で最も重要な工程と思われがちです。
被写体と向き合いカメラを操作するこの一連の作業に私たちは全精力を使い、陶酔すらします。
銃を打つ魅力、窓を覗く魅力、構図を決める魅力、機械を操る魅力、そして被写体と共にある魅力・・・
しかしこれらが写真製作の全てではありません。

フィルム写真の場合、その後のプリント作業は撮影作業に増してクリエイティブな工程です。
なぜならプリント作業は印画紙上に織りなす銀の美しさを演出できる唯一の工程だからです。

デジカメやパソコンでは標本化、量子化、符号化という一連のデジタル変換を経て写真画像が作られます。
これに対してフィルム写真のネガやプリントは光に反応した無数の銀の原子の結晶が
現像液によって金属の銀に化学的に転換する、至ってシンプルな原理で作られます。

突き詰めれば、デジタル写真はロボットの脳が格子状に切り刻んだデータを数値化し、再構築した画像であるのに対して、
フィルム写真は人を介して印画紙上の銀に遺された、その時、その場所に存在した光の痕跡でできています。
撮影からプリントまですべてを人と鉱物の銀が創る不可逆的で、偶然性に富んだプロセス、それがフィルム写真の神髄です。

私たちはフィルム写真に携わる内に「光を描く」という本来の写真の原点に戻ることができました。
そして新しいフィルム写真の可能性を見出しました。




臥遊オリジナルプリント








展示会のご案内









「臥遊」とは






          フォトアトリエ臥遊/モノクロフィルム写真工房 ・ カメラワーク/クラシックカメラ工房

電話042-381-6049/ お問い合わせフォーム